Xamarin.Forms で地図の種類を切り替えるロジックを実装する

Document created by takahiro_kamiyaesrij-esridist Employee on Sep 1, 2016Last modified by masanobu_hiranoesrij-esridist on Mar 3, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

今回は Xamarin.Forms で、ArcGIS Runtime SDK for .NET を使用して iOS / Android どちらのデバイスでも同じ機能を持つアプリを作成してみました。それについて紹介したいと思います。

 

ArcGIS Runtime SDK for .NET での背景地図の表示

 

今回作成したアプリでは、背景地図として Esri のクラウド GIS「 ArcGIS Online 」のベースマップ サービスを利用しています。地図の種類として「地形図、道路地図、衛星画像、海洋図」を選択できるようにしました。その背景地図を Xamarin.Forms.API を使用して表示し、さらにいくつかの種類に切り替えます。

 

次の画面は、iOS と Android で背景地図を選択している画面です。

このような「背景地図の選択して切り替える」という機能を提供する地図アプリを、iOS と Android で同一のコードで開発することができます。

 

                                        iOS                                                  Android  

 

以下は、XAML と C# におけるサンプルコードの例です。地図の UI 部分は XAML で作成し、ロジック部分は C# で作成しています。

 

1.XAML

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml"
             xmlns:esriUI="clr-namespace:Esri.ArcGISRuntime.Xamarin.Forms;assembly=Esri.ArcGISRuntime.Xamarin.Forms"
             xmlns:mapping="clr-namespace:Esri.ArcGISRuntime.Mapping;assembly=Esri.ArcGISRuntime"
             x:Class="ArcGISRuntimeSamples01.ArcGISRuntimeSamples01Page">

<Grid>
   <Grid.RowDefinitions>
      <RowDefinition Height="*" />
      <RowDefinition Height="auto" />
   </Grid.RowDefinitions>
   <esriUI:MapView x:Name="MyMapView" />
   <Button x:Name="changeBasemapButton" Text="背景地図" Clicked="OnChangeBasemapButtonClicked" Grid.Row="1"/>
</Grid>
</ContentPage>

 

上記コードでメインの地図表示を行う部分には <esriUI:MapView x:Name="MyMapView" /> を定義し、ユーザーが背景地図を切り替えられるようにするためにボタンのコントロールを設定しています。

 

2.C#

namespace ArcGISRuntimeSamples01
{
     public partial class ArcGISRuntimeSamples01Page : ContentPage
     {
          private string[] titles = new string[]
          {
               "地形図",
               "道路地図",
               "衛星画像",
               "海洋図"
          };

          public ArcGISRuntimeSamples01Page()
          {

               InitializeComponent();

               Title = "背景地図";

               Initialize();

          }

          private async void OnChangeBasemapButtonClicked(object sender, EventArgs e)
          {

               var selectedBasemap =
                    await DisplayActionSheet("背景地図の選択", "キャンセル", null, titles);

               if (selectedBasemap == "Cancel") return;
               // 背景地図の選択
               switch (selectedBasemap)
               {
                    case "地形図":
                         MyMapView.Map.Basemap = Basemap.CreateTopographic();
                         break;
                    case "道路地図":
                         MyMapView.Map.Basemap = Basemap.CreateStreets();
                         break;
                    case "衛星画像":
                         MyMapView.Map.Basemap = Basemap.CreateImageryWithLabels();
                         break;
                    case "海洋図":
                         MyMapView.Map.Basemap = Basemap.CreateOceans();
                         break;
                    default:
                         break;

               }
          }

          private void Initialize()
          {
               // 背景地図(地形図)の設定と初期表示の位置を設定
               Map myMap = new Map(BasemapType.Topographic, 35.6761, 139.7379, 10);

               MyMapView.Map = myMap;
          }
     }
}

 

地図を表示する仕組みとして、Map オブジェクトと、それらを表示する MapView を利用します。Map オブジェクトには 、操作レイヤー、ベースマップ、ブックマーク等の ArcGIS 固有のデータを設定でき、アプリケーションで利用することができます。MapView は、UI コンポーネントです。MapView クラスの  map プロパティに、Map オブジェクトを設定することで地図を表示することができます。

 

上記のソースコードの例でも、Map オブジェクトを作成し、MapView クラスの map プロパティに Map オブジェクトを設定しています。Map オブジェクトの作成時には、背景地図、及び初期表示の位置とスケールレベルを設定しています。

 

背景地図の切り替えには、Basemap クラスを使用しています。ArcGIS Online から配信されている、地形図や道路地図といった多くの種類の背景地図を利用することができます。

詳細は、Basemap クラスをご参照ください。

 

最後に

 

今回は背景地図を切り替えて表示する機能の実装例を紹介しましたが、ArcGIS Runtime SDK for .NET では他にも多くの機能が備わっています。今後、3D 表示やデータの分析・解析などについても紹介していきたいと思います。

 

今回作成したサンプルアプリケーションは、私の GitHub にも公開していますので、ぜひ、触ってみたください!

https://github.com/ValueCreation/ArcGISRuntimeSamplesXamarin/tree/master/ArcGISRuntimeSamples01 

 

■関連リンク

Attachments

    Outcomes