GeoDev Meetup #5 - 地図データ可視化・アプリ作成もくもく会開催レポート

Document created by wakana_satoesrij-esridist Employee on Apr 23, 2017Last modified by masanobu_hiranoesrij-esridist on Apr 24, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

2017 年 4 月 14 日(金)に 5 回目となる GeoDev Meetup を開催しました!

前回に引き続き、「ArcGIS で作成した地図をアプリに組み込んでみること」をメインテーマとしてチャレンジしました。また、今回は LT 枠を増設して、参加者の方・弊社社員からも GIS にまつわる LT を通して意見や経験を共有しました!

 

 

GeoDev Meetup とは?

 

  • 地理情報や地図・位置データを扱う(扱ってみたい)エンジニアやデザイナーの交流の場
  • ArcGIS を使ったデータ可視化・解析やアプリ開発をやってみる
  • D3.jsLeaflet などのオープン ソースの技術と連携したいという方も大歓迎!

ということを目指して開催しています。

 

GeoDev Meetup は、新しい仲間に出会えることができる場や、ArcGIS を利用することで、新しいビジネスの創出や新しい事業を開発するきっかけなどが生まれる場にすることができればと考えています。ArcGIS を通じた大きなコミュニティが日本でももっと活発になるようにしていきたいと思います。

過去第 3 回目第 4 回目の Meetup の様子はこんな感じでした!

 

LT タイム!

 

この Meetup では、参会者の方にも LT していただき、ご自分の興味があることや発見などを共有するということも、目標のひとつにしています。

今回は、参加者の方と弊社社員を含めた3人に LT してもらいました!概要を少しだけご紹介します。

 

ArcGIS×MESH ―非エンジニアが一週間でGISとセンサーを連携させた話

 

非エンジニアな弊社社員ですが、今流行りの「IoT」の一つであるセンサーと地図を連携させるべく、苦労したことや連携させてみて思ったことを共有しました。MESH とは、手のひらにおさまるブロック状の電子タグです。光や温度、人感などのイベントをタグごとに取得することができます。このメッシュを使って、センサーを情報を取得した場所を地図に可視化してみました。発表資料は ArcGIS×MESH をご覧ください。

 

 

ツイッターの感情を地図に可視化(させたい)

 

参加者の marimooo09 さんからは、以前 RESAS API ハッカソンで賞を受賞した作品「emo予報」という”感情を地図に可視化する”というプロジェクトを ArcGIS を使って継続開発中とのことで、現在できているところや、これから実現したことをデモを交えて紹介していただきました。

 

 

Leaflet.js で体験する ArcGIS Query API

 

最後は弊社社員からですが、Leaflet.js を使って実際にアイコンや道路網の情報を地図上に表示してみるところを要になるコードをメインとして紹介しました。

また空間解析についても実際のコードや条件を設定してできることを紹介し GIS の核心に迫りました。発表資料は Leaflet.js で体験する ArcGIS Query API をご覧ください。

 

 

もくもくタイム→成果発表会

 

今回のもくもくタイムでも前回と同様に、ArcGIS API / SDK やオープンソースのライブラリで地図アプリを作成したり、ArcGIS の機能を使ってノーコーディングで地図アプリを作成するといったことをテーマにしています。詳しいテーマは前回の記事をご覧ください。

 

今回は成果 LT を”発表会”という形にして、その場でできたことや、ほかの参加者と GIS について語った内容をお話いただき、これまで以上にフランクな形でコミュニケーションが取れるようにしました。筆者としてはこちらの形式もよかったかな!と思います。

 

 

今回はお2人にお願いしました!

もくもくタイムで挑戦した「地図を使ったアプリ」の作成状況や、普段の GIS を使ったお仕事の内容を共有していただきました。

 

ArcGIS Developer セッション 2017

 

来る 5 月 18 日(木)に、GIS コミュニティフォーラムというイベントにおいて GeoDev の活動についてご紹介します。これは過去 5 回開催の内容にとどまらず、

ハッカソン支援やそこで生まれた作品についてもゲストをお迎えしてご紹介していきます!詳しくは ArcGIS Developer セッション 2017 をご覧ください。

※イベントは 5 月 16 日(火)~ 5 月 18 日(木)にかけて行われます。このセッションの他にも ArcGIS 製品を中心に最先端の GIS についてたくさんのセッションや展示が行われます。事前登録が必要ですが、無料でご参加いただけます。

 

おわりに

 

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

今回は最後の成果発表会は初めての試みでした。GeoDev もまだまだ試行錯誤を重ねて成長中です!こんな風に地図を使って一緒に成長していきたい方、ぜひこの Meetup へのご参加お待ちしています!今後も GeoDev Meetup を継続的に開催予定です。

 

関連リンク

 

GeoDev Meetup 開催レポート

       ・GeoDev Meetup – RESAS API ハッカソン予習・復習会 開催レポート
       ・GeoDev Meetup – RESAS データ可視化・解析もくもく会 開催レポート

       ・GeoDev Meetup #3 - 地図で使える RESAS データ作成・可視化もくもく会開催レポート

       ・GeoDev Meetup #4 - 地図データ可視化・アプリ作成もくもく会開催レポート

ESRIジャパン RESAS 関連ブログ

ArcGIS を使って RESAS API データをビジュアライズしてみよう!

大解剖!ハッカソン最優秀賞作品 「Tsuredatsu」 From RESAS x Japan Hackathon ~地域の連鎖をデザインしよう!~

ArcGIS 関連ページ

ArcGIS for Developers

ArcGIS for Developers 開発リソース集

ArcGIS Online

ArcGIS Open Data

Attachments

    Outcomes